リフォーム工事の恐~いトラブル バリアフリー編

最近は、高齢化に伴いバリアフリーリフォームのご依頼も増えています。

川越リフォームセンターにも、手すり取り付けの簡単な工事から、バスルームやトイレなど大がかりなものまで、たくさんのご相談をいただきます。

でも、安易に工事すると、後で失敗だったと後悔することになりかねませんので、注意が必要です。

リフォーム工事の恐~いトラブル バリアフリー編

 

■手すり

手すりは、意外とでっぱりが大きいものです。
手すりの大きさを事前に確認して、スペースに十分な余裕があることを確認してください。

スペースが十分にないと、腕をぶつけたり、袖がひっかかって転んでケガをするということもあります。

また、手すりをつけたら、車いすが通れなくなった、というような笑えない話もあります。

トイレなどは、手すりが邪魔で掃除しにくくなる、というようなこともありますので、注意してくださいね。

■段差解消

段差を解消する工事は、床を張り替えたりと結構大がかりになりやすいです。

床を張り替えた結果、かえって滑りやすくなって危なくなったという失敗例もあります。

段差解消には、ホームセンターで売っているミニスロープで解消できる場合もありますので、試してみるのもよいでしょう。

快適にするために、リフォームしたのに、かえって不便になってしまっては本末転倒です。

リフォーム前にしっかり確かめてください。

 

川越リフォームセンターでは、バリアフリーリフォームの相談も承っております。

川越市でのリフォームについてのご相談はお気軽にどうぞ。

 

 

 

PAGETOP