リフォーム工事の恐~いトラブル トイレ編

皆様がトイレをリフォームする際に、求めるのは「快適なトイレ」「キレイなトイレ」「衛生的なトイレ」です。

でも、ちょっと間違うと逆のトイレになってしまいます。

リフォーム工事の恐~いトラブル トイレ編

 

■ 床材をキレイな無垢材にしたら

もしリビングの床をキレイな無垢材にしたら、トレイの床も同じ無垢材にしたいですよね。
でも、トイレの床は汚れやすいのです。
特に男性の尿は飛び散りやすく、黒くシミになってしまいます。
キレイな無垢材にしたばっかりに、かえって汚くて不潔なトイレになってしまうのです。
もちろん見た目も大事ですが、トイレについては「お掃除のしやすさ」も大きなポイントになります。

■多機能の大型サイズの便器にしたら

最近は、多機能の大型サイズの便器が人気です。
スペースが充分な場合には問題ありませんが、広さに余裕がないのに大型サイズにすると、左右のスペースがなくなって掃除がしにくくなった、ペーパーホルダーに体をぶつけるようになった、ということになってしまいます。

事前に余裕があるかどうかを、キチンと確認しましょう。

■収納を吊り戸棚にしたら

大型サイズの便器に替えると、どうしても左右のスペースの関係で、壁にあった収納を吊り戸棚にすることも多いのです。
すると、トイレットペーパーを替える際に、いちいち立ち上がなければなりません。
特に高齢の方にとっては、負担がかかります。

「快適」「キレイ」「衛生的」にするために、リフォームしたのに、かえって不便で不潔なトイレになってしまっては本末転倒です。

リフォーム前にしっかり確かめてくださいね。

 

川越リフォームセンターでは、トイレリフォームの相談も承っております。

川越市でのリフォームについてのご相談はお気軽にどうぞ。

 

 

 

PAGETOP