リフォームするなら、断熱リフォームもおすすめ

夏になると

・エアコンの効果があまりない
・2階の部屋は暑くてしょうがない
・西陽の当たる部屋は、夜になっても冷えない

冬には

・暖房をつけても、足元がスースー
・窓が結露でいっぱい
・すきま風が入ってくる

古い家は、どうしても「夏は暑くて、冬は寒い」家になりがちです。

もし、リフォームをお考えの際は、「断熱リフォーム」もあわせて考えてみませんか?

リフォームするなら、断熱リフォームも

■床工事をするなら、床下暖房も

昭和時代に建てられた家には、床下に断熱材が入っていないことが多いです。

フローリーングなど床工事をするなら、床下断熱のチャンスです。

■簡単にできる壁断熱も

既存の壁をはがして、そこに断熱材を入れこむのが一般的な壁断熱ですが、どうしても工事が大掛かりになりがちです。

そこで、手軽に壁断熱できる方法もおすすめです。

これは、既存の壁に断熱ボードを貼る方法なので、従来の壁をはがす方法に比べて、工期も短く、予算的にも抑えることができます。

■底冷えする浴室を断熱

ヒートショック対策としても、浴室をリフォームする際は、浴室の床断熱と壁断熱をおすすめします。

 

川越市での省エネ・断熱リフォームなら、ぜひ川越リフォームセンターにお問い合わせください。

 

川越市でのリフォームについてのご相談はお気軽にどうぞ。

 

 

 

PAGETOP