対面型キッチンのメリットとデメリット

キッチンリフォームをご希望の方に、最近人気なのが対面型のキッチンです。

特に壁付けのキッチンを対面型キッチンに変更したいというご要望が多いです。

そこで今日は、対面型キッチンのメリットとデメリットをご紹介します。

対面型キッチンのメリットとデメリット

■対面型キッチンのメリット

対面型キッチンの一番の特徴は、ダイニングやリビングの方を向いて料理や作業をする点です。

従来の壁付け型のキッチンの場合、主婦が壁に向かって黙々と料理や洗い物を行うというイメージですが、対面型ですと

・料理をしながら子供の様子をみることができる

・ご主人と会話しながら、家事ができる

・配膳や片付けを手伝ってもらいやすい

など、家族とコミュニケーションをとりながら家事をすることができます。

また、ダイニングやリビングとつながって部屋が広く感じますので、とても開放感があります。

■対面型キッチンのデメリット

対面型キッチンは、壁つけタイプよりもスペースを多くとるため、どうしても作業スペースが狭くなりがちです。

スペースに余裕がないのにムリに対面型にすると、作業がしにくくなって、鍋や包丁に体をぶつけやすくなったりします。

また、リビングからキッチンが丸見えになり、ニオイも流れやすくなるため、キチンと管理しないと生活感が現れやすくなります。

壁つけタイプのキッチンは、後ろを振り向けばすぐにテーブルのため、配膳に手間がかかることはありません。

でも対面型キッチンですと、キッチンからダイニングに移動しなければならなくなります。

キッチンは、毎日長い時間を過ごす場所・・・

ですから、おしゃれだから、人気だからという理由だけでなく、どんな使い方をするのか、10年後はどんな家族構成になっているのかなども考慮にいれながら、慎重に検討してください。

川越リフォームセンターなら、キッチンのプラン選びから親身になってご相談に応じます。

川越市でのキッチンリフォームなら、ぜひ川越リフォームセンターにお問い合わせください。

 

川越市でのリフォームについてのご相談はお気軽にどうぞ。

 

 

PAGETOP