オール電化リフォーム 成功の秘訣

最近はリフォームする際に、ガスレンジをIHクッキングヒーターに換えたり、給湯器をエコキュートに換えて、「オール電化住宅」にする方も多いのです。

でも、「全部電気にしてしまって大丈夫なの?」と不安を感じている方も多いようです。

不安の内容としては・・・

・リフォームの工事費が割高になるのでは?

・ガスに比べたら、電気代は高いのでは?

・IHクッキングヒーターはガスよりも火力が弱いのでは?

・もし停電になったら?

という事が挙げられます。

オール電化リフォーム成功の秘訣

■オール電化リフォームは割高?

まず、リフォーム計画の中にキッチン・浴室などの水回り関係が入っていたら、オール電化にしても、工事費はそれほど割高にはなりません。

オール電化の中でコストを大きく占めるのが、キッチンのIHクッキングヒーターやエコキュートですので、オール電化にしても極端に工事費が増額することはありません。

■オール電化にしたら、光熱費は高い?

それから、電気代は高いというイメージを持っていらっしゃる方には意外かもしれませんが、オール電化の何よりのメリットは、光熱費を安く抑えることができることです。

熱効率の高いエコキュートなら、小さな消費電力でお湯を沸かすことができますし、さらに電力会社のオール電化プランで深夜電力を利用するなどして、さらに電気料金を抑えることもできます。

■IHクッキングヒーターは火力が弱い?

通常100Vの電気ヒーターを使っている方は、IHクッキングヒーターの火力をイメージしにくいかもしれません。

200VのIHクッキングヒーターですと、ガスコンロのハイカロリーバーナーよりも大きな火力があります。

お湯も短時間で沸かすことができ、チャーハンだってガスコンロよりパリッと仕上がります。

■オール電化住宅で、もし停電になったら?

確かにライフラインを1つに絞ってしまうのには、不安があると思います。

でも過去の震災のときでも、都市ガスが水道が復旧するのに何日もかかっているの所でも、電気は即日・翌日に復旧しています。

つまり、停電になってもその時間はとても短いのです。

■オール電化の注意点

オール電化で高滅費が実際にどれぐらい下がるのかは、もちろん各お宅によってことなります。

オール電化にした場合の光熱費をシミュレーションすることもできますので、業者さんにご相談なさるとよいでしょう。

また、お湯については「貯湯式」になりますので、家族が大人数ですと「湯切れ」の心配があります。

最近は湯切れ防止の機能もついていますが、こちらもあわせて確認してください。

川越リフォームセンターなら、親身になってご相談に応じます。

川越市でのオール電化リフォームなら、ぜひ川越リフォームセンターにお問い合わせください。

 

川越市でのリフォームについてのご相談はお気軽にどうぞ。

 

 

PAGETOP