リフォームするならヒートショック対策も

家の温度差が原因で、ヒートショックで亡くなる方が増えています。

国立循環器病研究センターの調査によると、2011年にヒートショックで亡くなった方は、1万7000人にもなるそうです。

この数は、交通事故で亡くなる方の4倍にもなります。

しかも家庭内で死亡する方の4人に1人が、ヒートショックが原因で亡くなっているのです。

リフォームするならヒートショック対策も

ヒートショックは、暖かい部屋から急に寒い部屋に移動した時に起こります。

・暖かい居間
    ↓
・寒い脱衣所で裸に
    ↓
・底冷えする浴室
    ↓
・熱い湯船に首までつかる

と移動することで、体は急激な温度変化にさらされます。

すると、急激に血圧が変動して、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうのです。

■まずは、断熱

ヒートショック対策で大切のことは、部屋・脱衣所・浴室の温度差をなくすことです。

手軽にできる方法としておすすめなのが、窓を「二重サッシ」することです。

二重サッシにすると、間の空気層が室内と室外をしっかりと隔てますので、大きな断熱効果を発揮して結露の発生を抑えます。

二重サッシにする工事は、

・今の窓はそのまま
・施工も短時間
・今ある窓を活かすので、コストが抑えられる

などのメリットがあります。

窓枠の構造上、二重サッシにできない場合は、窓ガラスを複層ガラスに交換することで、同じような断熱効果を得ることができます。

■浴室・脱衣所にも暖房を

冬場の脱衣所・浴室は、どうしても他の部屋と比べて寒くなりがちです。

最近では、浴室専用の暖房機がありますので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、脱衣所には、簡単に取り付けられる、照明一体型のハロゲンヒーターなどもあります。

 

川越リフォームセンターなら、プラン作りから親身になってご相談に応じます。

川越市でのヒートショックリフォームなら、ぜひ川越リフォームセンターにお問い合わせください。

川越市でのリフォームについてのご相談はお気軽にどうぞ。

 

 

 

PAGETOP