ふすま・障子をかえて和室リフォーム

洋室の壁紙を替えると雰囲気がガラッと変わるように、和室の襖を貼り替えるとその印象は大きく変わってきます。

襖は、壁の一面(場合によっては二面)を大きく占めるので、襖の柄や色を替えるだけで、和室のイメージチェンジをすることができます。

和室リフォーム 成功の秘訣

ふすま紙というと白やベージュというイメージですが、最近では黒や赤など、かなりモダンで大胆なデザインのものも増えてきています。

また、引手にも色・形さまざまなものがあります。

ふすま紙とうまく組み合わせることで、施主様のセンスが光ります。

また、障子紙についても同様です。

障子紙というと、真っ白というイメージですが、色がついていたり、一部分だけカラーというのもステキです。

障子を上げると、下半分から外の景色が望める雪見障子も人気です。

ガラス部分から光が入るので、どうしても暗くなりがちな、和室の欠点を補ってくれます。

小さいお子様のいるお宅には、掃除しやすくて、破れにくい樹脂製の障子紙がおすすめです。

和室の魅力はなんといっても、目的に応じて使い方を変えられる多様性です。

・大切なお客様を迎える客間

・ホームペーティ用の宴会場

・急なお客様の寝室

・ゴロンと寝転んでくつろぐ部屋に

襖や障子を張り替えて、和室ライフを楽しみましょう。

 

川越リフォームセンターなら、ふすま1枚から親身になってご相談に応じます。

 

川越市での和室リフォームなら、川越リフォームセンターにご相談ください。

 

 

 

PAGETOP