エコリフォームで寒くない部屋に

暖房をつけていても、何となく寒い。

窓は結露して、水滴がいっぱい。

暖房をつけていても、暖かい熱はどうしても外に逃げてしまいます。

一般的な木造住宅の場合、熱が逃げる割合は、

屋根: 5%
床 : 7%
外壁:15%
窓 :58%

程度と言われています。

この数字を見ると、窓から逃げる熱の量が大きいことが分かります。

つまり窓の断熱効果を高めると、家の断熱性能はグ~ンと高まることになります。

エコリフォームで寒くない部屋に

LIXILのインプラスは、今ある窓に追加できます

窓の断熱効果を簡単に高める方法としておすすめなのが、既存の窓の内側に設置する「二重サッシ」です。

二重サッシにすると、間の空気層が室内と室外をしっかりと隔てますので、大きな断熱効果を発揮します。

また結露の発生を抑えることもできます。

二重サッシにする工事は、

・今の窓はそのまま
・施工も短時間
・今ある窓を活かすので、コストが抑えられる

などのメリットがあります。

また断熱効果が高まることで、お部屋の温度が下がりにくくなるので、光熱費をグ~ンと抑えることができるんです。

光熱費が2割下がった。
灯油の消費量が1/3になった。
というような例もあります。

窓枠の構造上、二重サッシにできない場合は、窓ガラスを複層ガラスに交換することで、同じような断熱効果を得ることができます。

エコリフォームですので、自治体の補助制度を受けられる場合もあります。

 

川越市での窓リフォームなら、川越リフォームセンターにご相談ください。

 

 

 

PAGETOP