バリアフリーリフォームで元気に快適

高齢化に伴い、家庭内の事故で亡くなる方が増えていることはご存じですか?

年間の死亡者は、1万人以上にものぼります。

骨折などの大ケガになりやすい事故は、

・階段での転落

・床ですべって転倒

・段差でつまずいて転倒

です。

■階段での事故を防ぐために

階段からの転落は、大ケガにつながりやすいために、特に注意が必要です。

対策としては、

・手すりを取り付ける

・滑り止めをつける
(但し、つまずきにくいものを)

・暗い階段には照明をつける

などがあります。

■スベりやすい床の対策

スベりやすい床の場合、床材を変えるという方法もありますが、簡単にできる方法としては、すべり止めのワックスを塗る方法もあります。

部屋の一部にカーペットが敷いてある場合には、滑ったり、つまずいたりして転倒する原因になりますので注意が必要です。

■段差解消で転倒予防

段差を解消するためのリフォーム工事は、床を張り替えたりと結構大がかりになりやすいです。

段差を無くすために床を張り替えた結果、かえって滑りやすくなって危なくなったという失敗例もあります。

段差解消には、ホームセンターで売っているミニスロープで解消できる場合もありますので、試してみるのもよいでしょう。

川越リフォームセンターなら、プラン作りから親身になってご相談に応じます。

 

川越市でのバリアフリーリフォームなら、川越リフォームセンターにご相談ください。

 

 

 

PAGETOP