リフォーム工事で後悔しないために

リフォーム工事が終わって、実際に暮し始めてみると

・リフォーム前より使い勝手が悪くなった

・掃除しにくくなった

・せまくなった

・予想以上にコストがかかった

など、後悔する方もいるそうです。

こんなことにならないためには、「なぜリフォームしたいのか」「リフォーム後はどんな暮らしをしたいのか」をキチンと考えておくことが大切です。

・単におしゃれだから

・見た目にもステキだから

・業者にすすめられたから

などの理由でプランを決めてしまうと、必要のないリフォーム工事になってしまい、後悔する確率は高まってしまいます。

必要なかった出窓工事

■必要なかった出窓工事

出窓に観葉植物、ゆれるレースのカーテン、外からみても中から見ても、出窓はとてもステキに見えます。

でも、本当にその出窓工事は必要でしょうか?

出窓工事は、意外とコストも高くつきます。

出窓にしたら、開け閉めがしにくくなった、掃除がしにくくなった、外に出っ張る分通路がせまくなった、などということもあります。

■対面キッチンにしたら、使い勝手が悪くなった

お子様の様子をみながら、ご主人と会話しながら炊事をするには、対面型のキッチンが最適です。

壁付けタイプから対面型キッチンへの変更は、水まわりの移動が必要になるので、コスト的にも割高になります。

また、対面型キッチンにすると、スペースがどうしても狭くなりがちです。

配膳や後かたづけする際の、テーブルへの移動距離も長くなったりします。

どんなキッチンスタイルでも、メリットとデメリットがあります。

自分がキッチンリフォームに求めるものは、「使いやすさ」なのか「家族の団欒」なのか、あるいは「収納」なのかなど、その優先順位をハッキリさせておくことが大切です。

そうすると、後で後悔しないリフォームができます。

 

川越市でのリフォームなら、川越リフォームセンターにご相談ください。

 

 

 

PAGETOP