川越市の和式トイレから洋式トイレにリフォーム



少し分かりにくい事例になりましたが、最近軽トラ社長のオススメの床材を使わせていただいた現場です。

5月の下旬で約5日程度の工期ですがとてもお客様からの反響が良くかった洋式トイレへのリフォームになりました。

ダイケンのハピアフロアで石目調の床材は特にトイレや洗面所に使用することで高級感を演出することができます。

※表面の化粧コートが水滴などの汚れから床をきれいに維持するのに役立ちます。

特に洗面所ではご家族が洗顔したり、シャンプーなどで界面活性剤が含まれる化学物質が染み込んで床板を傷めてしまうケースがあります。染み込んでしまった部分が変色してしまったり、質感が変わってしまったり悔しい想いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

各種メーカーの床材も年々新商品が発売され、より汚れにくく、繊細に見えるのに素材が傷つきにくい強い素材にパワーアップしています。

特にリフォームをさせていただいたお宅では、ずっと和式トイレで慣れていたようですが高齢になるにつれてやはりしゃがむ体勢が辛いのと、冬が暖かい便座だと安心するとのことで思いきって洋式トイレにリフォームされました。

「新築のトイレになったみたい。」
とご主人が喜んでくださったのが大変印象的でした。アパートのリフォームをきっかけにご自宅の改修まで当社を信頼してくださり大変嬉しく思います。

※当社の床材もダイケンハピアフロアで高級感を演出
しております。ぜひ洗面所、トイレに木目調以外でお探しの床材がありましたらご見学自由です

PAGETOP