よかったね、保育園の流し台

※8月下旬より川越市の保育園にて流し台を低い位置に替える工事とウッドデッキ工事でした。

園長先生たちの「子供が使いやすいように変えてほしい。」と「流し台にそのままいける造りにしてほしい。」こんな声がきっかけでした。

既存の高さを低くする。こんなことって頼んでいいのか…。 できるだけ物は残しつつ…。

実際にちょっとだけ変えたい。
でもほんとにちょっとの部分なんだけれど。
意外にこんな隠れたご要望をみなさん抱えています。

だけど実際に建てた業者に連絡したけどなかなか来てくれない。連絡が途切れた。こんな声を聞くこともしばしばです。

今回は子供たちの使いやすい位置にということで、流し台の位置を替えました。

それから子供たちってせっかく手や足をあらったのにまた室内に戻るときに泥んこになってしまうことってありませんか?

そんなときに室内に簡単にいける渡り廊下があるといいですね!

なるべく濡れてもすべりにくくて乾きやすい渡り廊下です。

みんなすてきな笑顔で保育園生活をまたおくってくれると嬉しいですね。

工期…2週間

PAGETOP