さいたま、所沢市内装リフォーム

27日の土曜日から新しい現場に入りました。

 今回は会社社長様よりタウンページよりお問い合わせ頂きました。

作業場として使っている室内の内装が古くなりところどころにフローリングの傷みが目立ちます。

社長は話せば話すほど非常に魅力的な方です。
色々お話をする機会を頂き、脱サラなさって今のかなり特殊な業界に飛び込んだとおっしゃっていました。

技術を必要とする業界なので、もちろん技術力が高いだけでなく、周りや女性従業員達を率いる穏やかで、真面目なお人柄に惹かれました。

内装は作業場として、耐久性がありしっかりとしたリフォームを提案致しました。

 ビニール床シートで、フローリングよりも表面のコーティング力が強く汚れにくい素材です。

お手入れも固く絞ったモップで水拭きすると簡単に汚れが落ちます。

公共施設、医療施設などで内装リフォーム、床のリフォームに使用される素材です。

今回の内装リフォームの工期は約1週間です。初日の土曜日は作業場の荷物を移動させて頂きました。
 
やはり、一般のご家庭でもリフォーム前の荷物が心配という方も多いですが、なるべくお客様のご負担にならないよう我々も努力です。

年数の経過したお住まいリフォームで
物置としてほとんど使用されていると部屋もありますが、そのような場合も相談して頂けたら大丈夫です。

image

        ↓

image

PAGETOP