川越市浴室水廻りリフォーム

先月9月にリフォームが完了した現場です。

image

        ↓

image

今年の夏は後半も非常に暑い事が多く浴室のリフォームともなると丸一日解体に時間がかかるので体力的にも大変です。

 ただ浴室やトイレはないとお客様にとって大変不便な場所なのでなるべく早くお客様に新しい浴室を使って頂けるようにしっかり時間管理をしながらの現場でした。

築30年以上の浴室では壁がタイルであることも多く、タイルの場合はより解体に時間がかかります。

無事一日で解体を終え、次の日から新しいユニットバスの設置でした。

実はお客様は最初ユニットバスの商品についてどこのメーカーにしようかとだいぶ長い間悩まれていたそうです。

 我々(株)総合住宅の営業兼施工担当者が提案した商品だけでなく、実際お忙しい中時間を作りショールームにも足を運ばれていました。

それがきっかけで今回はLIXILのアライズのユニットバスにされました。

 お客様からは後から伺ったのですが、迷っていたメーカーのショールームの対応と比べ今回選ばれたLIXILの対応がとても良くメーカーとして信頼できたそうです。

しっかりお客様の聞きたいことに親身に対応するという姿勢や、実際にショールームに来て良かったとお客様を満足させるプロならではの対応で我々も非常に仕事がしやすくなりました。

 (株)総合住宅ではリフォーム工事後にお客様アンケートを記入して頂いております。

やはり実際にお客様に文章で頂くと今まで気がつかなかった部分の改善点も見えてきます。

 対応の一つとってもリフォームした後にもし言えないままの不満や不安がお客様にあるとしたら、リフォーム自体の不満足や信頼感にもつながってしまうと思います。

最初にお電話頂いた時から、始めて訪問しお話させて頂く時、リフォームの現場調査時などからもしっかりお客様とのやり取りができるようにつねに謙虚な姿勢で仕事をしてまいります。

 

PAGETOP